アトピー性皮膚炎と化学物質の関係

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アトピー性皮膚炎を起こす原因の一つは身の回りの化学物質!?


アトピーが増えてきたのは、戦後の高度成長期頃と言われています。
人間の生活を便利にするために様々な物が作られてきました。
洋服などは化学繊維を使い、建物などにも化学製品が使われてきました。


食べ物などにも化学物質が含まれるようになり、食の安全が問題になっています。
化学物質とは自然界には存在しない物質です。
(人体に有害なものが多く中毒を起こしてしまう事もあります)
アレルギーやアトピーなどはこれらの化学物質が原因の一つだと昔から
言われています。
食べ物も日本食から海外食に変化していく過程で、アレルギーやアトピーが
多くなってきました。
野菜中心の日本人が、お肉などのタンパク質や脂質中心の食生活では少し
無理があるのかもしれません。


違う目線から見ると、人間そのものが弱くなったのかもしれません。
昔の人は、アレルギーやアトピーなどはなかったと聞きます。
清潔な現在では、ちょっとした事で体調を崩したりしますので、上記と平行して
人間そのものも弱くなったのかもしれませんね。
そんな中で私達に出来る事は、うまく情報を利用しながら生活するしか無いの
かもしれません。


アトピー最前線! 電子付加治療ES27クリーム記事へ
 メトセラATP ES-27クリームと電子付加治療


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。