アトピー性皮膚炎は遺伝するのか?

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アトピー性皮膚炎(アトピー)は遺伝します。
結論から言いますが、遺伝する確立が非常に高いです。


アトピーは、統計的なデータが存在するために遺伝することが解っています。
親から子供への遺伝率は、片親がアトピーだと約3割程度
両親が双方ともアトピーだと約7割程度だと言われています。
中々の割合で遺伝してしまいます。


子供には非が無いといっても、仕方が無いことでもあります。
私の知り合いでは不妊治療に数百万とかかけた方も数名おりますので
何がよいのかは解りかねます。。。
ただし、アトピーを遺伝的に受け継いでも、個人個人のライフスタイルに
よって改善することも可能です。
悲観的にならずに、その時々によって対応を真剣にしましょう。


重度のアトピーでお悩みの方もいらっしゃいますが、何かをしなければ
そのままです。 アクションを起こす事も重要でしょう。
家の娘は、赤ちゃんの頃、日にあてるだけでも可愛そうなくらい皮膚が弱かった
けれど現在ではほとんど改善できています。
(妻が看護婦で私が病院事務員だったことも影響していると思いますが・・・)


また、お医者さんが色々と知恵を入れ込むときがあると思いますが
鵜呑みにせずに自分で調べることも重要です。
自分で調べると色々と解ることも多く勉強も出来ますからね。
無料で情報提供したいならば⇒ あとぴナビ(無料情報)がいいかもです。


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。