食事とアトピー性皮膚炎について

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食事とアトピー性皮膚炎は密接のようで、密接な関係ではない?
とも言われています。
世間的には、大きく関係があると言われていますが・・・・


食べ物でアトピー性皮膚炎に関係がある代表的なものでは、
卵、牛乳、ピーナッツ、そば、大豆などでしょう。
それにカカオ系の食べ物も駄目な人もいますでしょうか。
アトピーの食事療法などもありますが、かなり長いスパン(5年とか10年とか)
を続けなければあまり効果が現われないとも言われています。
食事療法って根気と経済力も絡んできますのでどうでしょうね・・・・


しかし、アトピーと食べ物は関係が無いと言った書物も読んだ事があります。
私はアトピーよりもアレルギー体質なのでじんましんなどが出るので
食べ物には非常に神経を使う部分がありますが、アトピーではあまり関係が
無いと書いてあります。
どっちが本当なのか解りませんが、個人的に思うことがあります。


食べ物を食べた後にアトピー性皮膚炎が一時的に悪くなる場合は
食べ物よりも体内に取り込まれた栄養分によって代謝がよくなるので
痒みを発生させる事があるのではないでしょうか?


アレルギーだと食べ物などに体が反応しますが、アトピーもアレルギーも
大きなくくりでは同じですよね~
しかし、食生活の妨げになるような偏った食べ物ではアトピーにも悪影響
があると思うので、ある程度普通に摂取して構わないと思います。


結果、私は生理現象だから仕方が無いと思っています。
同じ食べ物で何度もひどくなるようだと考えますけが(汗)
ただ、食事療法は現実的ではないと思うので相当お金持ちじゃないと
続かないと思います。


ネットで試したい方は新鮮野菜のネット通販などはいかがでしょうか?
⇒ 980円のお試しセットが送料無料 (オイシックス公式)
⇒ 安心食材の宅配ならオイシックス (定期館員登録はこちら)


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。