季節要因はアトピーを悪化させる傾向にある

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アトピーが悪化する季節は基本的に冬と夏と言われています。
冬は乾燥するので皮膚がカサカサになり痒みが出てきます。
子供では特に冬の方がかゆみがまして悪くなる傾向にあるようです。


すでに過ぎ行く夏に多いのは、汗をかき石鹸やボディーソープなど
で体を洗っていると油分がなくなり痒くなります。
また汗自体でも痒くなり、掻き毟ることにより悪化する傾向にあります。
生活していれば仕方がありませんが、気をつけておけば(知っていれば)
うろたえることはありません。


季節要因で言えば、花粉や黄砂なども関係があるでしょうし、
ひょっとするとアスベストや塗料などの成分、溶剤系の成分
なども関係があるかもしれません。
大きく言えば大気汚染によりアトピーになっているのかもしれませんね。
それに食べ物も営業があると言われています。

昔の人はアトピー性皮膚炎などにはなった事がなく、現代の人々は弱い(抵抗力)
のかもしれません。
世界的に見ると田舎の国の方々はアトピーとは無縁のようですからね・・・・


----------------------------------------------

我が家ではプルミーを使っています。
そろそろスキンケアの準備もしておきましょう~
参考記事は⇒ プルミーを使った感想記事へ


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。