アトピー性皮膚炎と食事療法の効果は?

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アトピー性皮膚炎を改善するために食事療法というものが
ありますが、色々と調べてみるとあまり効果が期待できないと
同時に長いスパンで実践しないといけないとあります。


2、3ヶ月のスパンではほぼ意味は無いようですが、数年続けると
効果がでる内容が多いとおもいます。
一概に食事療法で効果があるとか無いとかは言えませんが、直る方も
いるしあまり効果が無かったという方もいますね。
割合的に効果が無かった(実感が出来ない)ようです。


食事療法のポイント的には、
① 食品添加物を取らないようにする。
② 料理の味を薄味にする
③ ヒスタミン系の食品をさける
④ お肉などは低脂肪の種類を選ぶ
⑤ 日本食を好んで食べる


その他色々とあると思いますが、他の病気の食事療法と
似ていますね。
例えば糖尿とか高血圧など。。。
アルコールやタバコなども大敵でしょう。
ただし、この食事療法でストレスを大きく抱えてしまうとアトピーには
逆効果なので程ほどに楽しみながらが一番のようです。
何でもやらないよりもやるほうが良いです。 ^^


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。