梅雨から夏にかけて感染症に注意したい

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨になると雑菌などが繁殖しやすいのでアトピーの方は要注意です。
特にステロイド剤やプロトピックなどを使っている方はかなり注意が
必要かもしれません。
大体の方はご自分で解っていると思いますけど。。


梅雨から夏になると、湿気が多くて気温も高くなり雑菌(ウイルス)が
繁殖しやすくなります。
ましてや対処療法的なものを使っている場合には注意です。


ステロイドやプロトピック、ネオーラルなどを使っている方は
免疫抑制剤を使用していますので、皮脂の状態が弱いんです。
よって雑菌に感染しやすいうえに、雑菌の繁殖力が強いので注意しなければ
いけません。
アトピー性皮膚炎で注意が必要なのはヘルペス系と黄色ブドウ球菌と言われて
います。


そして、上記のような細菌に感染すると子供などはとびひを起こすので
親御さんは要注意です。
解決策は入浴などで細菌を洗い流して、スキンケアでバリアーをはることです。
色々な商品がありますが私は、プルミーを使っています。


プルミーはいつも使っているので気になる方は下の記事見てください。

⇒ プルミーのまとめ記事なので下までスクロースして下さい


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。