赤ちゃんのアトピーで悩む事

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤ちゃんのアトピーでは親御さんも悩む事は多いと思います。


病院へ行き処方されたお薬が肌に会わない場合は特に悩みます。
そして医師に不安を覚えるとまた違う病院へ行きます。
そこでまた違うお薬を処方されてしまうし、医師によっては今までの
病院のお薬はダメだとか、批判をする方も多いです。


病院と製薬会社は中がよい企業と付き合いをします。
私の友人は製薬会社に勤務していますが、日曜日は結構な頻度で
ゴルフに行っています。
病院関係者の負担でただゴルフだと言って喜んでいます。。。。
私はゴルフは苦手なので付き合いはあまりしませんでしたが
それはそれで大変です。  ε-(´д`;) フゥ


色々と事情はありますが、医師は自分が使っている薬をすすめるので
成分が同じ薬でも切り替えさせる場合もあります。
それに医師を長くやっていると自分が全てと思う癖があり
他の薬の成分などを勉強しない傾向にあります。
実は同じ成分でもまた処方されることもあります。
(全ての医師がこのような方ではありません)



所詮、「①②③ do」ですからね。
看護師くらいしか解りませんかね(笑)




赤ちゃんのアトピーの場合は、かなり慎重になって処方されたお薬の
成分を見たほうが私はよいと思います。
それに病院へいくつも通うと色々と言われますので親御さん自体が
どうしてよいのか解らなくなります。


ステロイド剤を進められた場合にどうすれば良いのかははっきりと言えませ
んが、私は塗らないほうが良いと思います。
特に赤ちゃんの顔には物凄く私は抵抗があります。
ステロイドは5段階に分けられるので今度記事にしてみます。




赤ちゃんのかきむしり防止にはこのサイトの商品もオススメできます
⇒ かきむしり防止手袋

それにあまり症状が酷くなければプルミーを使ってみてください。
自分の子供で試した記事もあります!
⇒ プルミーを実際に購入してみての感想レビューのまとめ



関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atopisuteroido.blog101.fc2.com/tb.php/30-91ab234c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。