プロトピックとエリデル

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロトピックは免疫抑制剤の効果があります。


プロトピックはステロイド剤のストロングレベルの炎症を抑える効果が
あり非常に強い抑制剤です。
これを普通に処方する医者はやばいと・・・・・
ちょっと調べてみるとこのプロトピックは臓器移植に使われる薬剤で
日本では数年前から使える新しい薬のようです。
肝臓移植とアトピーには物凄い温度差があると思いますね。


それからもうすぐ日本で発売されるであろうエリデルはプロトピックよりも
さらに免疫抑制が強いお薬なので、発がん性が高くなります。
もちろんステロイドも関わってきます。
こんな恐ろしい薬を子供に使ったりするのは言い過ぎかもしれませんが
自殺行為に近いものがあるのではないでしょうか?


プロトピックを使用している方は急に止めると逆に悪くなるので、まずは
塗る回数を減らしていきさらにはプロトピックからステロイドに変えて
薬の力を弱めながらアトピーを改善していった方が良いです。
いきなり止めると本当に危険です。
ここは個人の力ではなく医者の力を借りましょう!
ただし、普通の医者はステロイドやプロトピックが大好きなので
反ステロイドの医者を探すことになります。
私が勤めていた病院はステロイド出していました(涙)


またエリデルはすでにガンにかかった患者が割合的に多いので日本での発売は
されないのかもしれません(多分)
でも通販では普通にエリデルが販売されているので本当に怖いです。
私はプルミー人体実験で今のところプルミーをこれを勧めています。

メトセラATP ES-27クリーム ←これもかなり効果があります


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atopisuteroido.blog101.fc2.com/tb.php/21-e3e13e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。