アトピーの原因は肌バリア機能の低下 | 解っているけどどうすればいいの?

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
アトピー性皮膚炎の原因は肌のバリア機能低下と言われています。
その結果IgEの数値が増えてしまうそうです。


アトピー性皮膚炎と汗


【肌バリア機能を低下させる主な原因】

表皮育成因子の不足
掻き壊しり
皮膚における免疫機能の低下
バリア機能を形成する因子の不足
健全な皮膚細胞の形成を阻害



バリア機能が低下し皮膚の上では細菌が湧いて、黄色ブドウ球菌やボービス菌
が増えていきます。増加しすぎるとアトピー肌になります。
同時にアレルギーを発症する方も多いそうなので気を付けましょう。





季節的な要因もありアトピー性皮膚炎を発症する方が増えてきているので、
皆さんもご自愛ください。 結局は保湿剤を使って過す日々になってます(汗)
家族で使えるので助かります♪ 
 
⇒ 赤ちゃんにも使える安心のプルミーミルキーローション



関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する