黄色ブドウ球菌が増えるメカニズムが解らないからアトピーは治らないのか。

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
黄色ブドウ球菌が増えるメカニズムが解ればアトピー性皮膚炎の解決に
大いに役立つそうです。


黄色ブドウ球菌とアトピー性皮膚炎


人間の体には数多くの細菌が共存しているそうですが、普段は何も影響は
起きないそうです。
しかしそのバランスが崩れ始めると、アトピー性皮膚炎のような病気を発病
する事が解っています。


アトピーで言うならば黄色ブドウ球菌が爆発的に増えることが原因とされています。
ただ、その原因が解っておらずその解明が急がれています。
既に40年以上前から黄色ブドウ球菌が原因だと解っていたそうで、昨今のアトピー
ニュースで発表されていた記事は過去転載に近いのかも?


メカニズムが解らない原因として動物実験が行われなかったことが原因だそうで、
動物にアトピーを作るのが難しいとか。
なるほど・・・
という事は人間にもそもそもアトピーは無かったのでは?と推測できます。
まさに現代病です。


先日のニュースではマウス実験でアトピー性皮膚炎の成功とニュースを見ました
ので今後は解明が急がれるはずです。
とは言え、もう40年も前から解っていたので厳しいかも?
と期待半分です。





季節的な要因もありアトピー性皮膚炎を発症する方が増えてきているので、
皆さんもご自愛ください。 結局は保湿剤を使って過す日々になってます(汗)
家族で使えるので助かります♪ 
 
⇒ 赤ちゃんにも使える安心のプルミーミルキーローション


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する