自律神経失調症問題でお子さんの体調は大丈夫?

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
自律神経失調症の話がこの時期はよく出ます。
小さなお子さんから、社会人の方まで幅広く自律神経失調症にあてはまるため
注意が必要です。


子供の不安「


交感神経と副交感神経の2つから自律神経は出来ており、このバランスが崩れる
と体に様々な悪影響が出ます。
自分の解らないところで、神経に悪影響も与えてしまいますし、内臓にも負担が
かかるとされています。
実は私も昨日運転中に胃痛に襲われてしまい、妻に運転を替わってもらう騒動が
ありました。自分でもビックリです。
今は色々と仕事的に一息ついた段階なので、気持ちが途切れたのかもしれません。


これも自律神経失調症の延長にあるのかもしれません。
お子さんやご家族にも、環境が変わりストレスなどを知らず知らずに抱えている
場合があるかもしれませんので、ご注意くださいませ。
その時は突然来るものなのです。
そしていま時期は季節の変わり目という事もありやや警戒した方が良いのかも
しれません。


内科系の症状の他にも、パニック障害やうつ病、身体表現性障害などがあるようです。
この場合は精神科などでカウンセリングを受けることもお勧め致します。


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する