アトピー性皮膚炎と紫外線の関係

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アトピー性皮膚炎と紫外線関係


日本人は黄色人種のために日焼けによる発がん性などは低いとされています。
しかし最近の環境変化は目覚ましいものがあり少々心配です。
気温も地球規模で上昇しており、砂漠化も問題となっています。
(人間が弱くなっていることもポイント)


これから紫外線が強くなってきますので、アトピーの方はさらなるダメージを受ける
可能性があります。そこで日焼け止めを使う場合ですが脱ステロイドをされて
いる方には日焼け止め自体がNGだとも言われています。
日焼け止めには強い保湿作用があり、その作用が問題となります。
そうなんですよ~


海やプールなどに行く場合に使用するのはOKだと思いますが、日常的に
使うようになると少々問題があります。
また日焼け止めにあるSPF値による変化までは解りませんが、そもそもSPF値
は日焼けの時間を遅らせる目安的な数値だと思いますので、SPF値そのもの
の害は無いのかもしれません。
アトピー性皮膚炎と紫外線の直接的な害はあまりないように思えますが、
できるだけ紫外線に長時間触れることは避けたいですね。



▼アトピー最前線! 電子付加治療ES27クリーム記事へ
 メトセラATP ES-27クリームと電子付加治療



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。