低体温はガンになりやすい? 【生活習慣病やうつ、アレルギー】

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
低体温の方は、医学的に健康に悪影響を及ぼします。


私もここ数年思っていたことなのですが、低体温の方が増えています。
肩こりや便秘、頭痛の原因になっていると言われていましたが、さらに症状を
分析していくと、ガンやうつ病にも関係していてアレルギーやアトピーにも影響を
及ぼしているようです。


そもそも日本人の平均体温は36.5度だと言われています。
しかし現在では35度~36度の体温の方が多くなっています。
例えば医学的には35度だと、ガン細胞がもっとも増加すると言われています。
それに便秘や自律神経失調症なども起る体温です。


生活が近代化になるにつれて人間の体も変化します。
ズバリ言うならば、食事の変化とライフスタイルの変化により
筋力が低下していると考えられます。そうなんです、代謝が悪いんです!
代謝が悪くなることで、痩せにくくなり、便秘へつながります。
また免疫が弱くなり健康障害が出てくる事になります。


体温の変化で様々な疾病が起るようになり、今後の社会的問題にも
なりかねない現状があります。
1度体温が上がると免疫力も5倍程度はアップするので、アトピーなどにも
関係があるかもしれませんね。
体温の変化もつかめると健康でいられるのかもしれません。
私は疲れているときはにんにくで充填しています(笑)
私は⇒ やわたの黒にんにく飲んでます♪



関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。