ステロイドを使うと起こる症状(外用)

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
ステロイド剤を外用した後に起こる症状


① ステロイド光沢
② ステロイド挫創
③ ステロイド潮紅
④ ステロイド使用に伴ったウイルス感染・細菌
⑤ 多毛性
⑥ 保湿依存症
⑦ 皮膚萎縮
⑧ ステロイド使用による効果減弱


などが上げられると思います。
その他では、ステロイド剤を中止したときの皮疹などが上げられます。
これと似ていますが、ステロイド依存の症状もあるので把握が難しい
と思われます。
医者が全てを正確に判断できるかどうかも心配です。
アトピーは非常に難しいので患者も自分で勉強することが必要です。

*皮疹(ひしん)とは、皮膚に出現する肉眼的変化である発疹の表現方法

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atopisuteroido.blog101.fc2.com/tb.php/12-b0c91d50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック