皮膚感染症とステロイドなどの免疫抑制剤

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
皮膚には抗菌物質を作っている皮膚細胞があります。


なので容易に感染症になることはありません。
アトピーの皮膚感染症で問題になるのは、黄色ブドウ球菌やヘルペスウイルス
などですが、そう簡単に発症しないんです。
皮膚の抗菌物質は、感染症から守ってくれる働きをしています。
いわいる自己防衛機能とでもいいましょうか
バイ菌が入ってくればやっつけてくれると言う事です。


しかし、ステロイドやプロトピックなどの免疫抑制剤を使っていると
この大事な自己防衛機能が働かなくなり、感染症を起こす事があります。
さらにステロイドやプロトピックは依存症を引き起こしたりします。。。
オムツかぶれでステロイド軟膏などを使っていて、ヘルペス感染になる
例がいくつもあるので免疫抑制剤の使い方には気をつけたいものです。
皮膚科から貰ってきたお薬で検索すると、ほぼステロイドが入っているので
そのステロイドのレベルも気をつけてください。


我が家では、ミルキーローション「プルミー」を使っています。
参考記事は⇒ プルミー口コミ感想記事へ



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する