アトピー性皮膚炎の定義ってなに?

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
アトピー性皮膚炎の定義をいまさらですが、調べてみました。


【ウィキぺディア参照】
アトピー性皮膚炎は、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症や湿疹などを伴うもので過敏症の一種。アトピーという名前は 「場所が不特定」 という意味のギリシャ語 「アトポス」から由来し、1923年 コカという学者が 「遺伝的素因を持った人に現れる即時型アレルギーに基づく病気」 に対して名づけた。



ガイドラインには、増悪・寛解を繰り返す掻痒のある湿疹を主病変とする疾患で
ありアトピー性皮膚炎の患者の多くはアトピー素因を持つと定義されています。


難しい言葉を使ってありますので、ちょっと解りにくいですよね。
簡単に説明すると、アトピー性皮膚炎になった場所が良くなったり悪く
なったりして、かゆみをともなう事です。
また、発症する時期と場所が複雑で特定が難しいとされています。
アトピーの素因とは、アレルギーやlgeなどの数値をさすと思います。


さらにアトピーの合併症では、皮膚疾患や感染症、眼科疾患などがありました。
こちらはウィキぺディア以外にも色々なサイトで書いてありますが、
リンクを追って調べていたら、有名なサイトでアトピーにはステロイド処方と書かれていました・・・・
残念ですが、これが現実なんですよね。


アトピー最前線! 電子付加治療ES27クリーム記事へ
 メトセラATP ES-27クリームと電子付加治療


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する