子供のアトピー特徴

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供のアトピーには乳児湿疹乾燥性湿疹も含まれています。
アトピー性皮膚炎では症状が色々とあるのでどこまでがアトピーなのか
解らずに悩む方も(医者)も多いようです。


軽度のアトピー性皮膚炎では肘の内側や膝の裏側に湿疹が出来やすいのですが
赤ちゃんになると話は別です。
赤ちゃんは顔や頭などによく湿疹ができます。
この湿疹をかきむしることにより親は心配する事になってしまいます。
赤ちゃんは言っても解らないのでひどくなる傾向にありますが、2歳頃にはあまり
心配する事がないレベルにまで良くなるので長い目で見ることが必要です。


通常は2歳まで待てないので病院へ行くことになりステロイド剤との戦いが
始まるわけです。
私も全てを否定はしませんが、ステロイド剤は問題なんですよね・・・・
色々とアトピーには悩まされますが、大きくなるにつれてよくなるので
親御さんも心配をしないで大きな目で見守ることが重要です。


関連記事
この記事へのコメント
質問です。

保湿剤の場合はどうすればいいですか?
ステロイドみたいに神経質にならなくてよいですか?
2011/04/30(土) 20:28 | URL | ピグ #-[ 編集]
>ピグさん

コメントありがとうございます。
保湿剤の場合は塗りすぎるのも良くないと聞いております。
塗っても良いと書いてある商品もありますが、適度な調整が必要だと思われます。

ステロイド剤程気にするほどは無いと思いますが、各々で調整は必要でしょう。
2011/05/02(月) 21:42 | URL | ひまわり #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
<FC2BLOG のHTTPS対応まで暫定的にテキストボックス対応>
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atopisuteroido.blog101.fc2.com/tb.php/10-dfb29272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。