2016年03月

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自律神経失調症は誰にでも起こる病気です。
また春先に泣けて移動なども多くなり季節がら病気に見舞われる方は多いです。


自律神経失調症に苦しむ


【自律神経失調症の種類】

・本態性型自律神経失調症
・神経症型自律神経失調症
・心身症型自律神経失調症
・抑うつ型自律神経失調症



大まかに4つのタイプに分かれます。

本態性型自律神経失調症の場合には生まれつき持っているので仕方が
ありませんが、その他の3つは心理的だったり疲労(過労)、ストレスが原因
とされています。


体調が悪く病院に行っても軽くあしらわれてしまいます。
私も精神科に行くしかないと言われたことがありますが、仕事納めの翌日から
良くなった事もあり、ストレスだったように思います。


自律神経失調症は交感神経と副交感神経のズレから起こるものですが、
アトピー性皮膚炎にも悪い影響があります。
アトピー以外の弊害が多いように思いますが、とにかくストレスを溜めこむと
ろくな事がありませんので、生きて行く上でストレス発散方法を身に着けた方が
よいでしょう。


ここ最近私の発散方法は読書です。
小説や漫画を読む時間を作っています。その他には疲れたら寝る時間を確保
する事です。睡眠を多く取り精神の安定を狙っていますが、思いのほか効果が
あると思っています。体のリズムが変わり良い方向へ行きます!!
生活環境が変わる時期なので自分を大切にする事も忘れないでおきましょう。





季節的な要因もありアトピー性皮膚炎を発症する方が増えてきているので、
皆さんもご自愛ください。 結局は保湿剤を使って過す日々になってます(汗)
家族で使えるので助かります♪ 
 
⇒ 赤ちゃんにも使える安心のプルミーミルキーローション



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。