2014年09月

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
アトピー性皮膚炎になっている方が熱いお風呂に入ると駄目だと知っていますか?
私はお医者さんから言われたので忘れません!


自宅のユニットバス


自宅はユニットバスなんですが、温度調整も可能なのでアトピーに適した温度で入浴
しています。意外と侮れないので試してみてください。
いま時期だとテストしやすいので季節的によいです。
我が家は冬でもユニットバスの暖房がついているためにお風呂の温度が多少低くても
風邪をひきにくいので毎年実行しています。


それはアトピー性皮膚炎の方が、熱いお風呂に入る事がNGだからです。
自律神経の影響で入浴が肌ストレスになるからです(自分では気が付きません)
熱めのお湯は入浴後の乾燥を激しくさせるので肌によくありません。
どうしても熱めのお湯が好きな方は保湿剤をお風呂上りに塗る事をお勧めします。
寝る前では遅すぎるのです!


高温入浴で長時間お風呂に入ると肌への影響がかなりありよくありません。
知らないうちに自律神経も悪化させよくないのです(物理的に)
皮膚表面の水分蒸散量が高まることで、入浴後の乾燥を招きやすくなります。
冬場のお風呂は少し気を使うとよいので、その前に秋に自分で実験してみると
良いかもしれません。ただ冬にお風呂場が寒いとその効果も逆に働くことがあると思いますので、自己判断に任せます。 


■ 入浴剤でお勧めなのは「カミツレン」です。
乾燥肌でお悩みの方必見→薬用入浴剤『華密恋』
華蜜恋

※送料無料で今だけ割引お試しが行われています♪(石鹸もついてくる)