2013年03月

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アトピー性皮膚炎と子供との関係ですが、我が家では3人目の子供が
生後1ヶ月程度から顔や体にアトピー性皮膚炎の症状が出ました。


私も妻もアトピーではありませんでしたし、当時は親がアトピーのことに
あまり詳しくありませんでしたので、病院から処方された弱いステロイドが
入った軟膏を塗っていたと思います。
基本的に2、3才になればアトピーは治るといわれていますが、我が家の子供は
病院へ度々通っていました。そこで疑問を持った私どもが色々と調べると
アトピー性皮膚炎ではステロイドと上手く付き合わなければ非常に問題があるお薬
だと解ったんです。
妻は看護婦でしたが、整形だったので皮膚科とは無縁でしたし
私も病院事務だったので無縁です。
こんなにも医療と近くに接しているのに知らないというのは後から焦りましたね。
ただ、病院へ行かなくても直接アドバイスを下さる先生もいたのでその辺りは
ラッキーでした。


そんな3人目の子供は、いまでもアトピー性皮膚炎と付き合うことになっていますが
年に1,2回程度皮膚科に通うペースにまで改善しています。
小さい事は親御さんは非常に心配しますが、基本的には改善してしまいます。
今処方されているお薬を一度ネットで検索してみるといいと思いますよ ^^
アトピー性皮膚炎は個人差があり、子供に多い病気ですが改善することは可能なので
親がアドバイスしてあげるべきです。


アトピー最前線! 電子付加治療ES27クリーム記事へ
 メトセラATP ES-27クリームと電子付加治療


スポンサーサイト
環境汚染物質のPM2.5ですがどの程度人体に影響があるのでしょうか。
私は毎日吸っていることになります。


PM2.5の環境汚染


【産業ニュース】
熊本県は5日、微小粒子状物質「PM2・5」の大気中濃度が、県内1カ所の観測地点で、環境省が示した基準値を超えたため、ホームページなどで外出を控えるよう注意喚起した。県によると、県内18カ所の観測地点のうち、北部の荒尾市で午前5~7時の1時間値が大気1立方メートル当たり90~91マイクログラムとなった。
環境省は2月、複数の地点で平均して1時間に85マイクログラムを上回った場合、1日平均の濃度が環境基準値の2倍に当たる70マイクログラムを超える可能性が高いとして、注意喚起する指針を発表していた。
指針を受けて県は5日から、午前5~7時の1時間値が1カ所でも85マイクログラムを上回った場合、ホームページやメールで外出や屋内の換気を控えるよう呼び掛ける取り組みを始めたばかりだった。


この画像は日中の画像です。
熊本県では外出を控えるように注意喚起がでています。
超微粒子汚染物質と花粉と黄砂で凄いことになっています。
通勤は車を使いますが、車庫に入れているのに黄砂が酷いです(涙)
ここ数年黄砂の影響なのかこの時期は咳がでるようになりました。


今年は風邪を引いた後に、花粉症にかかりそして環境汚染物質の影響で
週に4日も耳鼻科にお世話になりました。
今まで生きてきて症状が一番災厄でした・・・・
娘は目がかゆくなりアレルギー症状がでて不機嫌です。
奥様が看護婦なので多少は安心できますが、この時期は困ったものです。
中国のPM2.5や黄砂などが問題視されていますが、もし日本の原子力発電が
核爆発を起こしていたらこの程度の問題ではないと思ったりもします。


季節的な要因もありアトピー性皮膚炎を発症する方が増えてきているので、
皆さんもご自愛ください。 結局は保湿剤を使って過す日々になってます(汗)
家族で使えるので助かります♪
>>我が家の保湿剤はプルミーです<<


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。