2013年01月

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにブログのレイアウトを触ったけどいまいちですね ^^


あんまり解んないから触ることも少ないんですけど、画像付がいいのかな?
と思って左のカラムにアトピー関連商品画像で記事に飛ぶようにしてみました。
私がいつも見ているサイトがこんな感じだったし・・・
また気がついたら今年の4月でブログ開催から丸2年になるようです。
よく続いたと思っちゃいます(笑)
そんなに記事は書いていませんけど、これからもよろしくお願い致します。
最近気になっている商品は、『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』です。


知人が使っているのと、カイテキオリゴを頼んでいるのでパンフレットが届くので
気になってます。お試しサイズだと1260円なので買ってみよう~
最近いろんな商品を試すことがちょっと楽しいですね。
私は男なんですけど、いろんな商品を知っていると女性うけもいいんです(笑)


アトピー最前線! 電子付加治療ES27クリーム記事へ
 メトセラATP ES-27クリームと電子付加治療



スポンサーサイト
アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係をたまに目にします。


アトピー性皮膚炎はアレルギー性疾患と言われますがそうでもありません。
大体の方は環境物質のアレルゲンにより、lge結合によりヒスタミンなどが
放出されることによりアレルギー反応が出ます。
しかし、必ずしもそうではないことが解っています。


アトピーなどのかゆみがが発症した患者の検査ではlge値が正常にもかかわらず
アトピーだと診断されるケースがあります。
と言う事はアレルギーを持っていない人がアトピー性皮膚炎になっていると考えられます。難しいですね ^^


また、ステロイド剤やタクロリムス剤などを使用した方がアトピーになる場合も
あります(lgeが異常値になる)
まとめると、ステロイド剤も万人向けではないのです。
以前、私が医師と直接話したときに9割の方にステロイドは有効だと言っていました。
1割の方はステロイドで悪化する可能性があると・・・・
アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係もデータでは言い表せないことが多々あるので
悩んだら信用ある病院(医師)にご相談しましょう。


季節的な要因もありアトピー性皮膚炎を発症する方が増えてきているので、
皆さんもご自愛ください。 結局は保湿剤を使って過す日々になってます(汗)
家族で使えるので助かります♪
>>我が家の保湿剤はプルミーです<<


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。