2011年08月

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アトピーで苦しむ方も多いと思います。
また、現在使用しているお薬をやめたい、もしくは減らしたいと
思っている方も非常に多いとデータを見ました。


ステロイド軟膏
プロトピック軟膏
ステロイド内服
アレルギー薬などの漢方薬
その他のお薬


色々と悩みはあると思います。
悪循環の内容は、お薬を使って炎症を抑えることにより皮膚は乾燥して
しまうことにあるようです。(乾燥の時期のデータでした)
よって皮膚が乾燥するのを補わなければ悪循環が発生してしまうケース
があるようです。
個人個人で症状は様々ですが結局は、肌の保水、保湿、などをしっかりと
行わなければいけないというデータでした。
一方で、アトピーには何もしなくても直るといったデータも見た事があり
何が本当なのか解りにくい病気だと思います。

個人的にはステロイド薬などを用いた処方よりも、保湿剤などを上手に
使った方が後々よいと考えています。
絶対にステロイドは駄目!と歌ってますが、極度にアトピーが悪化した
場合には医師の判断により使った方が良いこともあります。

すべては個人差で違ってくることだと思います。
私はアトピー治療の最前線である電子付加治療もアトピー治療には
必要だとも考えます。
何事においても現在有効な商品や治療も考えて見ましょう!
電子付加治療のまとめ記事はこちら


スポンサーサイト
食事とアトピー性皮膚炎は密接のようで、密接な関係ではない?
とも言われています。
世間的には、大きく関係があると言われていますが・・・・


食べ物でアトピー性皮膚炎に関係がある代表的なものでは、
卵、牛乳、ピーナッツ、そば、大豆などでしょう。
それにカカオ系の食べ物も駄目な人もいますでしょうか。
アトピーの食事療法などもありますが、かなり長いスパン(5年とか10年とか)
を続けなければあまり効果が現われないとも言われています。
食事療法って根気と経済力も絡んできますのでどうでしょうね・・・・


しかし、アトピーと食べ物は関係が無いと言った書物も読んだ事があります。
私はアトピーよりもアレルギー体質なのでじんましんなどが出るので
食べ物には非常に神経を使う部分がありますが、アトピーではあまり関係が
無いと書いてあります。
どっちが本当なのか解りませんが、個人的に思うことがあります。


食べ物を食べた後にアトピー性皮膚炎が一時的に悪くなる場合は
食べ物よりも体内に取り込まれた栄養分によって代謝がよくなるので
痒みを発生させる事があるのではないでしょうか?


アレルギーだと食べ物などに体が反応しますが、アトピーもアレルギーも
大きなくくりでは同じですよね~
しかし、食生活の妨げになるような偏った食べ物ではアトピーにも悪影響
があると思うので、ある程度普通に摂取して構わないと思います。


結果、私は生理現象だから仕方が無いと思っています。
同じ食べ物で何度もひどくなるようだと考えますけが(汗)
ただ、食事療法は現実的ではないと思うので相当お金持ちじゃないと
続かないと思います。


ネットで試したい方は新鮮野菜のネット通販などはいかがでしょうか?
⇒ 980円のお試しセットが送料無料 (オイシックス公式)
⇒ 安心食材の宅配ならオイシックス (定期館員登録はこちら)


ちょっと気になる商品がありました。
背中のニキビが治っている画像があるので女性は気になる気がします。

送料が無料で今なら半額だそうです。
お金に余裕がある方は見てみてください~

アトピー肌や乾燥肌、アレルギー、じんましん、皮膚炎に
効果があるようですが、そんなに効果があるのか微妙ですね。
⇒ 半額キャンペーン中!ウェブスターA&Pオンラインショップ



最近は仕事が忙しくて時間がありませんが、前向きの向上心で頑張ってます!
皆さんも、まだまだ暑いので健康管理には気をつけてください。


アトピーが悪化する季節は基本的に冬と夏と言われています。
冬は乾燥するので皮膚がカサカサになり痒みが出てきます。
子供では特に冬の方がかゆみがまして悪くなる傾向にあるようです。


すでに過ぎ行く夏に多いのは、汗をかき石鹸やボディーソープなど
で体を洗っていると油分がなくなり痒くなります。
また汗自体でも痒くなり、掻き毟ることにより悪化する傾向にあります。
生活していれば仕方がありませんが、気をつけておけば(知っていれば)
うろたえることはありません。


季節要因で言えば、花粉や黄砂なども関係があるでしょうし、
ひょっとするとアスベストや塗料などの成分、溶剤系の成分
なども関係があるかもしれません。
大きく言えば大気汚染によりアトピーになっているのかもしれませんね。
それに食べ物も営業があると言われています。

昔の人はアトピー性皮膚炎などにはなった事がなく、現代の人々は弱い(抵抗力)
のかもしれません。
世界的に見ると田舎の国の方々はアトピーとは無縁のようですからね・・・・


----------------------------------------------

我が家ではプルミーを使っています。
そろそろスキンケアの準備もしておきましょう~
参考記事は⇒ プルミーを使った感想記事へ


夏休みになると子供が家にいる訳ですが、大人は仕事があります。
家庭を支えるにはお金が必要となりますし、社会の流れですね。


しかし、幼稚園児や小学生の子供が家にはいますので非常にわがままです。
それに学校は休みですが、習い事はあるのでさらに大変です ^^
何処の親御さんも同じとは思いますが、夏の暑さと同時進行で疲れます。
アトピーに関しては汗が問題となり見た目がよろしくありません。


参考になるサイトはやはりあとぴナビでしょう♪
無料の会員登録なので見たいときだけ見るといいですよ。
⇒ 会員無料!あとぴナビ!


アトピー性皮膚炎の方が海水浴をするとどうなるのか?
この話は今の時期に良く聞きます。
私もはっきりと何が良いとはいえませんが、体感したことを書いて見ます。
(娘のアトピーです)


昔から、海水浴はアトピーが治るなどと言われています。
これは結局紫外線によって黄色ブドウ球菌が減ることと言われています。
(余談ですが、イソジンなどで皮膚を消毒して直る場合もあるようです)


しかし、お医者様によっては絶対に海水浴は駄目だとも言われています。
これはオゾン層の破壊によって紫外線が強くなり逆効果だと言う説です。
こうなると嘘か本当か解りません。
と言うことで海水浴に行ってきた感想です。


娘のアトピーの事を気にかけながら海水浴をしてきました。
少し怖いので子供用の日焼け止めを薄く塗って、4時間程度遊びましたが
アトピーは悪化しませんでした。
さらに翌日には屋外プールにも入りましたが、まったくアトピーの悪化は
ありません。(2日目は日明け止めなし)
と言うことで、過度の日焼けをしなければいいのではないかと思います。


私の個人的な見解なので、信憑性は薄いと思いますが
結果的には良くも悪くもならなかったと思います。
プールの場合は塩素が気になるのでシャワーでしっかり流しました。
子供を危険にさらしたような感じの内容ですが、妻は現役看護師です。
海水浴やプールのあとは軽くスキンケア(保湿剤)などを塗ると良いと
思います。



■今人気の安心安全食品配達! 【最大7000円分プレゼント】
⇒ らでぃっしゅぼーや
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。