2011年07月

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
メトセラATP ES-27クリーム公式サイトへの質問などがメールで送られてくる
ので掲載いたします。商品買った人にはとどくのかな?


■ サンプルで効果が実感できなかった方

これについては確かホームページ上に載っていると思いますが
みなさん見ていないんですね(汗)
3包というのはあくまでも肌に合うのかどうかを検証するだけなのでサンプルで
直る方は少ないと思います。
使用をされている方のデータでは3週間目から効果を実感しています。
サンプルで肌に合うのか合わないのかを検証しましょう。
1箱買わないといけませんが、直るならば安いと思います。


■ なぜ包タイプなんですか?

どうやらこの質問も多いようです。
理由は清潔で新鮮なクリームをお客様に提供したいから
また外出などでも持ち運びに便利なように包タイプのようです。
さらには一定量の塗布効果もあるようです。

私が電子付加治療を知ったときは電子が飛んでいくから?
と本気で思っていました(笑)


■ メトセラATP ES-27クリームはいつ使用したらいい?

メトセラATP ES-27クリームを塗布してから約8~10時間、効果が持続するという
研究結果が出ています。
お風呂上りに使用すると一番効果的だと言われています。
しっかりとした結果も出ていますよ~

ステロイド剤などを使用している方などのご質問では、一番初めにメトセラを塗り
そしてステロイド剤(お薬)、最後に保湿剤の順番です。



詳細参考記事はこちらです⇒ 電子付加治療薬で唯一のES-27クリーム口コミ

直接の公式へはこちら⇒ メトセラATP ES-27クリーム公式


明日から沖縄へ行きます。


私は付き添いなので何処へ行くかは知りませんが、万座ホテルに泊まります。
万座ホテルはプライベートビーチがあると言うことで期待していますが
私は一度も沖縄へは行った事がありません。


一番下の娘は日焼けすると皮膚が痒くなるのでプルミーは持参します。
家族で出かけますが、総勢12人にもなるので全体保護者です。。。
出来るだけ楽しんできたいと思いますが、台風が出来ましたね。
帰ってこれるのかが心配ですね(笑)

⇒ プルミー参考記事はこちら


電子付加治療と言えば、メトセラATP ES-27クリームと知られるように
なってきました。
やはり人気があるからではないでしょうか?


日本アトピー治療学会からの推奨などもありアトピーに悩まれている方へ
徐々に広がりを見せているようです。
多少高価な商品ですが、保湿剤でも5000円程度すると思いますので
考え方次第のような気がします。
数百円で買える保湿剤もありますが、ベタベタする商品が多いし効果が
あまり期待できないと考えています。
ご自分の体質に合った商品と出会えると嬉しいのですが、なかなかありません。
私の家ではプルミーを使っています。
⇒ プルミー口コミ・評判 使ってみた感想レビュー


電子付加治療の考え方は、皮脂が酸化し痒みを発する事に着目しています。
皮脂が酸化するのを防いでしまえばいいのでは?
この発想です。
⇒ 電子付加治療薬で唯一のES-27クリーム口コミ


子供は夏休みになりましたので毎日家が荒れていて仕事から帰ると
なんとなく疲れます。。。
大人になると色々と余裕が無くなり駄目ですね(笑)
娘のアトピー状況はほぼ改善していますが、日に当たると皮脂が赤くなり
可愛そうです。夏場は日向で遊ばせることは危険のようです。
最近では紫外線も強いので子供だけではなく大人も気をつけましょう♪


アトピーが悪化しやすいのは夏と冬になります。
皆さんのご想像の通りですが、赤ちゃんのアトピーや子供のアトピーでは
気にかけていたい事です。


夏→ 発汗

冬→ 乾燥



夏は汗が出るのでジクジクしやすく、掻き毟ると皮膚に傷がつき細菌の感染
も出てきます。
冬はカサカサ肌になり掻き毟ることで皮膚が炎症を起こしさらに悪化します。
こちらも細菌感染します。


どちらも初期のアトピーになりますが、季節の変わり目はお肌が敏感になり
やすく痒みを発する事が原因になると思います。
だから夏と冬に悪化しやすいと言われています。


じゃあ、春と秋は?
春や秋にも肌の変化は起きますが、過ごしやすいのでアトピーにとっては
さほど悪くない季節になると思います。
しかし、黄砂アトピーや花粉アレルギーなどがあり通常のアトピー以外の
症状が出る方も最近では多くなりこれも悩みます。
結果的に色々と勉強したり情報収集をして対応することになりそうですが
赤ちゃんアトピー子供アトピーなどで効果的なのは、



夏の汗を回避するには石鹸をあまり使わないで汗を流す

冬のカサカサは保湿剤を使って痒みを防ぐ




などになります。
また皮膚に直接日光があたるとアトピーが悪化する傾向があるので
出来るだけ露出が少ない服を着せたり帽子をかぶせたりしましょう。


私も先日、娘と公園に行きましたが直射日光のがあたると赤くなるので
20分間だけ遊んで草々に帰ってきました ^^
子供は遊びたがりますが、室内で楽しく遊べる事を探してあげるのも親の
役目だと思っています。
保湿剤でオススメしているのはプルミーです。
下の記事に画像と症状などが載ってますので参考に!


プルミー口コミ・評判 子供に実際に塗ってみた 記事


アトピー性皮膚炎を改善するために食事療法というものが
ありますが、色々と調べてみるとあまり効果が期待できないと
同時に長いスパンで実践しないといけないとあります。


2、3ヶ月のスパンではほぼ意味は無いようですが、数年続けると
効果がでる内容が多いとおもいます。
一概に食事療法で効果があるとか無いとかは言えませんが、直る方も
いるしあまり効果が無かったという方もいますね。
割合的に効果が無かった(実感が出来ない)ようです。


食事療法のポイント的には、
① 食品添加物を取らないようにする。
② 料理の味を薄味にする
③ ヒスタミン系の食品をさける
④ お肉などは低脂肪の種類を選ぶ
⑤ 日本食を好んで食べる


その他色々とあると思いますが、他の病気の食事療法と
似ていますね。
例えば糖尿とか高血圧など。。。
アルコールやタバコなども大敵でしょう。
ただし、この食事療法でストレスを大きく抱えてしまうとアトピーには
逆効果なので程ほどに楽しみながらが一番のようです。
何でもやらないよりもやるほうが良いです。 ^^


赤ちゃんなどは母乳、少し大きくなった子供は離乳食~通常食になります。
そうすると食事でアトピーなどが関係してくるとよく言われます。


母乳には母親の健康状態が影響されると言われています。
私は男ですが、妻が妊娠したときや子供が生まれたときは出来るだけ
奥さんがストレスなどを抱え込まないように、お掃除やお風呂洗い、食器の片付
けなど一所懸命頑張ったものです。
いまでは懐かしい思い出ですが、母親のストレス家庭に大きな影響を及ぼします ^^


話がそれてしまいました(汗)
ところで母乳にはタンパク質、炭水化物、脂質、ミネラルやビタミンに関する成分
がバランスよく混ざっています。
母乳が出なければミルクを使うことになりますが、ここで既にアトピーなどと
関係する問題が起きてきます。


粉ミルク
*市販されている粉ミルクです。


私が病院に勤めていた頃のお話になりますが、看護師が育児休暇を取った
場合には仕事復帰するには1年間の育児休暇が頂けます。
この育児休暇が1年というのはありがたいとは思いますが、看護師という
過酷なお仕事をしながらの子育ては大変です。


子育ての中で疑問に思うことが色々と出てくる上に仕事復帰の時期まであまり
時間も無いのでストレスが溜り母乳が出なくなった実例なんですが、


ここで問題です


母乳が出なくなって粉ミルクに変えたら皮膚に湿疹が出始めました。
この場合はどうするといいのか?
こんな感じで私達を巻き込んだ話があったんです。
あまり大きな声では言えませんが、私の上司の奥さんだったので部下の私が
巻き込まれる事になり少し調べました。


------------------------------------------------------------------


■ 赤ちゃんのアトピー(アレルギー)
まず食事制限などは基本的にしなくてよい
じんましんなどが出ない限りは食べ物の制限は必要ない
粉ミルクのメーカーにより赤ちゃん下痢がある
アレルギー検査をして食事制限をする必要はない
離乳食は早めに食べさせて問題ない (食べられる時期になれば)
食事を取った後に口の周りが赤くなるのはただの接触性によるもの

こんな感じで色々と調べました ^^
またlgeが高いからと言ってすぐにアトピーとかアレルギーとかに
結びつけるのは間違っている。
たしかにlgeの数値が高ければアトピーやアレルギーになりやすいと
言われていますが、そもそもアトピーの原因が解っていないのであくまでも
参考にする程度でよいです。


------------------------------------------------------------------


最終的に色々と検討した結果
あまり気にしないで生活をおくる事が重要だと思いました。
アトピーの症状が酷いときは医師に相談するしかありませんが、
ステロイドやプロトピックを進められる事が多いので親も勉強しないと
いけません。
上司はステロイドの事を知っていたので私に調べさせたようですが
その時はステロイドを使わずに直す方法など知りませんので、病院に
あった保湿剤を塗っていました。


その上司とは今でも付き合いがあるのですが、アトピーのお話を聞くと
2歳頃までには湿疹が出ていたものがまったく今は出ないと言っています。
私もネットなどで調べたり書籍を読むこともありますが、大体の方は2歳ま
でにはアトピーが改善してしまうので、色々と様子を見ながら神経質になら
無いように心がけたほうがよいです。


卵や牛肉、豚肉、鶏肉、お魚などは少量づつ試しながら経過をみてください
じんましんや十度の湿疹などが出た場合は、アナフィラキシーを起こす場合
がありますので、初めての場合は少量で試すことです。


長くなりましたが読んでいただいてありがとうございます ^^
我が家でも子供がアトピーですが、いい商品を見つけたので
いまはプルミーを使っています。
プルミーを実際に使った記事はここです(画像あり)



私の奥さんがストレスで首が真っ赤になっています。
ボデーソープで洗うとヒリヒリしてかなりショックを受けています。


昨日は嫁が息子の試合に行っており往復4時間も運転しています。
私は娘が熱を出したので、日曜日にも関わらず病院へ・・・
非常に忙しい日々を送っており、私も頭がボーっとしています。


と先ほどの話ですが、嫁の首がお風呂上りに真っ赤になっており
先日金属アレルギーになった皮膚炎とよく似ています。
体って不思議ですね(涙)
と言うことで嫁がプルミーと言いながら家中を駆け回っていました。
この前も1日で直ったので今回も直ると言っています。
患者さんと接するにも気を使うようです。


看護婦の嫁がプルミーみたいなスキンケアを使っているのを見るのも
なんとなく不思議です。
シャンプーとリンスのセットで5000円・・・・
プルミーも約5000円・・・
女性はお金がかかりますが、男性から見ると楽しそうにも見えます。
今回の皮膚炎は私に八つ当たりされましたけど(笑)
それに画像を撮らせろと言いましたが、怒られてしまいありません。
(エロジジイ扱いです)  ⇒ プルミー公式へはこちら


⇒ プルミーの参考記事はこちらです。


夏場のエアコン(クーラー)はアトピー性皮膚炎と無関係でしょうか?


エアコンを入れていると乾燥するので絶対に良いとは言えません。
本来汗をかくことにより細菌を抑制するダームジンという成分があります。
しかし、エアコンの中で睡眠を取る場合はエアコンを入れたほうが良いと
私は思います。


睡眠は自己免疫に非常に大きな影響を与えるからです。
多少、汗をかかなくてもしっかりとした睡眠を取るほうがはるかに
ストレス神経性に良い影響を与えると考えます。
しかし過度のエアコン使用は風邪を引いたり体調が崩れる原因にも
なりますので、程ほどが良いです。


また部屋がホコリだらけだとハウスダスト系のアレルギーが出る場合が
あるのでフィルターはお掃除をマメにしましょう。
最近のエアコンにはお掃除機能も付いていますが少しうるさいです(笑)
お子さんが小さい場合は特に色々と気をつけてください。


私は九州に住んでいます。
梅雨時期の豪雨により非常に過酷な奉仕活動をしていました。
連日の雨による土砂崩れや河川の水位上昇により
私共、当別公務員が出動します!


と言うことで消防団に入っております。
飲んでいるだけではありません!!!!
しかも私は飲むのがあまり好きではありません。


後輩は良いのですが、先輩方で手がつけられない方も多く
人数が多いと私は帰りたくなります。
いじめられるわけではありませんが、俺の注いだ酒が飲めないのか~!
と言われるとね(汗)
中途半端な田舎なので色々な方がいて冷静な私は大変です ^^


明日は球技大会なのでまた大変です。