ステロイド剤について

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
■プルミー口コミ・評判(感想)記事など

プルミー口コミ・評判 使ってみた感想レビュー 【人体実験編】
プルミー口コミ・評判 子供に実際に塗ってみた 【良くなる経過】
プルミーを使った感想①
プルミーを使った感想②
プルミーを金属アレルギーの場所に塗ったら直る!
プルミーの新ボトルとステロイドからのスイッチ記事
プルミーを実際に購入してみての感想レビューのまとめ


■アトピーとステロイド(プロトピック)記事など

アトピー性皮膚炎にステロイド剤は有効?  もずの魔法石鹸が楽天で1位獲得!
ステロイド剤を使って大人で悩む事実     赤ちゃんや子供の食事はアトピーと関係ある?
アトピー性皮膚炎の入浴について       子供のアトピーに使っているスキンケア
ロート製薬のセノビック効果      
セノビック効果と成果の推移!


■電子不可治療で皮膚免疫トレーニングをする

電子付加治療薬で唯一のES-27クリーム口コミ
メトセラATP ES-27クリーム口コミと効果
電子付加治療のES-27クリームを使ってみました。

ステロイド剤は使い方次第で良くなったり悪くもなりうる薬です。


アトピー性皮膚炎と診断されて、病院が処方したステロイド剤を使い直る方も
多いのは事実としてあるかとは思います。
しかし、それはアトピー性皮膚炎の初期段階だからステロイドを使って直った
だけなのかもしれません。
いわゆる勘違いだという事も事実としてあります。


皮膚が赤くなったり、かゆみが起きたりすると日本人は皮膚科に行きます。
日本人は弱いんですよね・・・
私もアレルギーなどを持っていますので相当弱いですけど(涙)


ところでステロイドを使っうと炎症や痒みはなくなりますが、本質的な
ものは直りません。
これは人間の自然治癒力による回復になります。
体の状態がよい方はすぐに治ってしまいますが、状態が悪いと逆にステロイドを
使い続けることになりかねません。
そうすると、ステロイド漬けになってしまいます。
半年程度使いつつけている方は気をつけたほうが良いですね・・・


以前も書きましたが、皮膚科にいくとステロイドを好んで医者は出します。
そして、私に医者は言いました。
ステロイド剤を使えばそのくらいすぐ直ると!!!
私がステロイド以外の方法は無いのかと言うと、機嫌が悪くなり始めて
さらにお説教を言いました。


当皮膚科には6万人の患者がいるが、ステロイドで悩んでいる人は
1%程度しかいない



と言い切りました。
私は唖然としましたが、言うとおりにステロイド軟膏を持ち帰りました。
ここで私は、その1%の患者はいいのか?
6万人の患者の1%とは600人にも上るのにそのままですか?
妻にこのことを話したところ、「医者は毎回同じ処方が好きだから個人病院
などは特にそうなのかもよ~」
 とお言葉頂きました(妻は現役看護師)


そう言えば、個人病院で働いていたとき経理なのに受付に回されたり送迎だったり
しちゃかちゃだったな~
特売の砂糖を買いにいかされたり凄まじかったことを思いましますね。
(話がそれました)


ステロイド剤はそもそもアトピーを治す薬ではなく、炎症や痒みを抑える
薬なので、アトピーの本質はなおりません。
状況によってはステロイドも必要になりますが、出来れば使わずに治療したい
と私は思います。
もし、長い間ステロイド入りの軟膏などを塗っている方はすぐやめるとアトピーなど
の皮膚炎が再発するので少しづつスパンを空けたりして自分で調整して
抜け出したほうがよいでしょう。


考え方は人それぞれですが、出来ればステロイド剤は使わないほうが得策だと思います。それに乳幼児のステロイドは親がしっかりお薬の成分を知っておいたほうが
良いです。ネットでその薬を入力してみるとステロイドが入っている可能性が
高いですよ~



アトピー最前線! 電子付加治療ES27クリーム記事へ
 メトセラATP ES-27クリームと電子付加治療


スピラゾン軟膏はステロイド軟膏です。
ステロイドのレベルはそんなに強くはなく真ん中位です。


スピラゾン軟膏



【スピラゾン軟膏】
合成副腎皮質ステロイドで、血管収縮作用、抗炎症作用などにより、
皮膚の炎症症状をやわらげるステロイドホルモン剤入りのお薬です。
通常は湿疹・皮膚炎群、痒疹群、虫さされ、乾癬、掌蹠膿疱症の治療に用いられます。



娘と一緒に皮膚科へ行きましたので、ステロイド以外のお薬で治らないのかな?
と聞いたら医者の表情が変わりました。
私的には、この人もたいしたこと無いな~と思った訳です。
患者さんは病院にとってはお客さんです。そのお客さんに対して罵声を浴びせた
方がいたのでムカつきました!


うちの患者は6万人いますが、その1%くらいしかあなたみたいに
ステロイド反対を唱えませんと言っていました。
私は少し話しただけでこの人と話しても無駄だと思ったので、帰りましたが
考えてみてください。
6万人の1%って何人いるか解りますか?
600人もいるんですけど・・・・
個人病院なので6万人レベルでしょうけど、600人の方にも真剣に向き合って
欲しいと思います。とりあえず話だけでも聞いて、アドバイスすればいいのに!


と若干怒りがこみ上げてきます。
しかも、「ステロイド軟膏」を塗らないと100%直らない
と断言しましたからね。
言い返したいところですが、私は大人なので言い返しませんでした。
私が質問したことにも答えずに、ステロイド最高とうたっている
医者が嫌いです。


私はステロイドの事を聞いただけで、使いたくないからお薬変えて
などと言ってません。
ただ、他に手立てを知っていないかと聞いただけなんですけど ヽ(≧Д≦;)ノ
50歳くらいの医者でした。
知人に評判を聞くと、悪くは無いが女性にはいい顔するようです。
世の中にはもっと酷い医者がいっぱいいますけどね・・・
昔務めていた病院はやばかったね(汗)



アトピー最前線! 電子付加治療ES27クリーム記事へ
 メトセラATP ES-27クリームと電子付加治療


ステロイド剤ではアトピーは直らないというコラムを読みました。
情報もとは無料会員あとぴナビ です。
登録だけでもしていると情報が無料で見れるのでいいですよ♪


ステロイド剤はそもそも臓器移植の際に用いられる免疫抑制剤です。
これをご存知の方は多いいでしょう ^^
どのように用いられるかと言えば、人間の体に他人の臓器が移植された
場合に体が外敵が入り込んだと思い込むのでその拒絶反応を抑えるために
使われるお薬です。


■ アトピー性皮膚炎において使われる要因はなに?

【あとぴナビ参照】
アトピー治療薬として広く使われているステロイド剤は「免疫抑制剤」。自己の免疫力を抑制することで、アトピーにより生じたかゆみや炎症さえも抑えてしまうのです。
アトピーとは、炎症反応があって、そこに細菌感染症も起こしている状態です。さらにストレスが加わってくることで悪化します。こうした複合的な症状に対しても、ステロイド剤は「炎症反応」だけを抑えるので、アトピーの原因の「根治」につながるものではありません。



ステロイド剤を使用し続けたあとに、自己の感染力が弱まり細菌が
増殖することも確認されています。
私は絶対にステロイドが駄目だとは言い切れませんが、無闇に使用する
には危険なお薬だと思います。
色々なサイトを見ていると、結果的にステロイドの使用量やステロイドの
レベルを下げて最後には使用しないほうが得策だ思います。


アトピー最前線! 電子付加治療ES27クリーム記事へ
 メトセラATP ES-27クリームと電子付加治療


ヘルペスの患者さんが増えています。
ヘルペスは、単純疱疹(たんじゅんほうしん)と帯状疱疹(たいじょうほうしん)
に分かれます。


単純疱疹の場合は、顔や口の周りに小水疱がでて皮膚が赤くなり痒くなります。
顔や口の周りだけでに出る場合は、ストレスなどが主な原因と言われていますが
性向で感染する場合も多いです(陰部など) ^^


帯状疱疹の場合は、発赤と小水疱が帯状にでます。
なぜか体の右側や左側に出る傾向が強いみたいですね。
かゆみよりも痛みを伴うのが特徴です。それに高年齢の方は悪化する傾向が
強く治療期間も長くなります。
危険なのは目の周りや顔面に出ると障害にもつながります・・・・


名前は似ていますがヘルペスの種類が違うし、症状も違うので
別の疾患だと記憶しておきましょう。
参考程度ですが、ヘルペスについてはご理解できたと思います。
ステロイドとヘルペスの関係についてですが、会員無料の「あとぴナビ」でも
書かれています。


簡単に書くと、ヘルペスにかかる患者さんが増えているのはストレスや温暖化
などが影響しているようです。そして、実はステロイド剤を使用してきた方が
ヘルペスに感染すると直りが遅いそうです。
要は、ステロイドが何かしらヘルペスに関係があるということですね。
ヘルペスに感染する事は中々予測も出来ませんので、覚えておくといいですよ~


【アトピーのランキングサイトへ】
⇒ アトピー性皮膚炎ランキング
⇒ 人気ブログランキング(アトピー)


赤ちゃん子供にステロイドやプロトピックを塗って痒みを抑えましょう。
そうする事により痒がる子供を落ち着かせましょう。


これは本当なのか?
だったらステロイドやプロトピックへの不信感は無いはずです。


確かに現段階で副作用もなく皮膚炎がよくなる赤ちゃんや子供はいます。
しかし子供の時にステロイドを使ったがために成人になり苦しむ方もいます。
アトピー性皮膚炎は難しいです。
ではどうして医師がステロイドやプロトピックを進めるのでしょうか?
それは皮膚科のガイドラインに書いてあるからです。




アトピー性皮膚炎は炎症や痒みを起こす病態であり、炎症とそれにより
痒みをステロイド(プロトピック)で抑え込みある程度押さえ込む事が
できればステロイド(プロトピック)の使用量を減らし保湿剤を同時に
使っていくと自然治癒が望める





上記の内容になります。
ステロイド(プロトピック)を使うとアトピー性皮膚炎には良い事がない上
副作用も発生してくるので私は疑問を感じます。
問題なのはステロイド剤についての危険性がガイドラインに書かれていない
事が問題ではないかと思います。
確かに赤ちゃんや子供には塗り薬(ステロイド)を使えば改善するかもしれま
せんが医師も勉強して欲しいですよね。


ステロイド剤を外用した後に起こる症状


① ステロイド光沢
② ステロイド挫創
③ ステロイド潮紅
④ ステロイド使用に伴ったウイルス感染・細菌
⑤ 多毛性
⑥ 保湿依存症
⑦ 皮膚萎縮
⑧ ステロイド使用による効果減弱


などが上げられると思います。
その他では、ステロイド剤を中止したときの皮疹などが上げられます。
これと似ていますが、ステロイド依存の症状もあるので把握が難しい
と思われます。
医者が全てを正確に判断できるかどうかも心配です。
アトピーは非常に難しいので患者も自分で勉強することが必要です。

*皮疹(ひしん)とは、皮膚に出現する肉眼的変化である発疹の表現方法

幼児期(小児期)にステロイド剤を使っていた方が大人になりアトピーを
再発
するケースが多くなっています。
普通は忘れているので覚えてもいないと思いますが、私が調べたデータでは
再発の割合も年々増加傾向にあるようです。



例)
幼児期にステロイド剤を使っていて、大人になり湿疹が出たのでステロイド剤を
また使ったら症状は改善して一安心した。
しかし、ステロイド剤を止めると湿疹の場所が赤く腫れ上がり再度ステロイド剤
を塗るとまた良くなる。 この繰り返しで薬剤から抜けられなくなるケース




このケースはステロイド剤をすぐにやめたほうが得策だと思います。
かゆみが発生する場合は親御さんに人気の天然成分を使用すると良いと思います。
小さい頃にステロイド剤を使っていると上記の様な事が起こると報告も増えていて
親は悩んでしまいます。
私のようにアレルギーを持った親は遺伝などがある事を心配していると思いますので
なおさら心配ですね。
天然成分は少し高く感じますが、病院の初診料を考えると高くはないと思います。
それに自分に合わないときは返品が効きます。
こちらについては我が家でも使っているので、後日レポートを書くつもりです。


ステロイド剤を幼児期に使った事により大人になった後も問題が出る事例が増えて
来ているのは気になりますよね。
早期回復には適していますが、問題があるのでステロイド剤は安全であるとは言えない
と私は考えます。
全てを反対することはしませんが、出来るだけステロイド剤を使うことは避けたほうが
懸命です。
ステロイド剤を使わなければ治癒するまでの時間は確かにかかります。しかし、今後を
真剣に考えるのであれば避けるべきではないでしょか?


一つ付け加えますが、アトピー皮膚炎に使うステロイド剤(外用薬)の他にも世の中
にはステロイド剤が使われている薬品は多数あります。
有名なのは耳鼻科での目薬や吸入の中にステロイド剤が含まれていることなどですね。
すべてにおいて拒むことは無いと思いますが気になることは避けるべきです。
医者の言うことは全てではありませんので、個人個人で勉強も必要だと思います。


アトピー性皮膚炎が発症した場合に、患者は治したいので病院へ行きます。
そうすると、医者は「アレルギーの食べ物などありますか?」
などと聞いてきます。


アトピー性皮膚炎のアレルギー説には食べ物的なアトピーが考えられているから
その様な事を聞かれると思われますが、実は患者の割合で統計を取ると食べ物と
アトピーはそれほど関係が無いようです。
(本当に食べ物でアレルギー症状が酷い方はアナフィラキシーショックになるので注意)


ここでテーマに沿った話に戻します。
アトピー性皮膚炎の皮膚症状を治すにはステロイド剤が有効です。
これは私のブログに背いた内容ですが、認めます。
では何がいけないのか?
それは常時ステロイド剤を使わないと症状が悪化して副作用が出る方が
非常に多いいからです。


例えば5歳程度のお子さんを考えて見ましょう。
アトピー性皮膚炎を発症したとします。子供はかゆくて仕方がありません。
よって親御さんは病院へ連れて行きます。
そうすると親御さんはもちろんですが、医者も早く直してあげたいものです。
早く直すにはステロイド剤を使うと2、3日で効果が見込まれるので皆さんが
使っていますね。
これは普通の事ですが、ステロイド剤があわない方があまりにも多い事が問題
になっているわけです。


子供はかゆい時はかきむしりたいですし、かきむしった後に血が出た皮膚を
親が見るのは悲しいものです。
だったらステロイド剤で早く直そう~と普通は思うのも解ります。
しかし、ステロイド剤は簡単に直るようでその後の問題が残されています。
だから脱ステロイド手法を私はお勧めしています。


ステロイド剤については皆さん批判的です。
なぜならこの記事を見ていると言うことはステロイド剤の事を調べたいから
だと思います。


私はアレルギーを持っています。
私の場合は食べ物やホコリなども駄目です。
ストレスなどでも症状がでるのでなかなかの現代人なのかもしれません。
これを書いた理由は先進国でしかアトピーの症状が出ないからです。
食べ物や生活環境などでそうなったのかも知れませんね。
ただしアトピー性皮膚炎の原因はいまだ不明です(涙)


本題です。
ステロイド剤の批判がなぜ出るかと言えば、もうお解かりだと思いますが
依存してしまうところにあります。
麻薬と一緒なんです。 ちょっと違います?


ステロイド剤の怖いところはステロイド剤を使用すると副作用が出ます。
全ての方に出るわけでは無いのですが、ほぼ皆さんこれで悩んでいますね。
私も子供に処方されたので使ってみましたが、すぐに改善するのですが
使わないとまたアトピーが再発します。
これを繰り返すとどんどん量が増えていき、さらには薬剤のレベルがあがり
ステロイドでは対応できなくなり他の強い薬に変更させられる・・・・


ステロイドに関しては医者により見解が異なりますが
基本的に医者はステロイドをすすめます。
だって医者のガイドラインに書いてありますからそれを医者は信じています。




>○○さん、これは湿疹ですね。かゆみもありますか?
>じゃお薬出しておきます


普通に処方される薬がステロイド剤だった・・・・




この流れは知らなければ普通に起こります。
ステロイドが駄目だとは言えませんが、出来るだけやめたほうが良いです。
私の子供は普通に天然成分の塗り薬だけで直りましたから(笑)