アトピー性皮膚炎について

赤ちゃんのアトピーから幼児アトピーではステロイドは危険です。 ステロイドを使わずに直すコツや情報と製品を紹介します。
■プルミー口コミ・評判(感想)記事など

プルミー口コミ・評判 使ってみた感想レビュー 【人体実験編】
プルミー口コミ・評判 子供に実際に塗ってみた 【良くなる経過】
プルミーを使った感想①
プルミーを使った感想②
プルミーを金属アレルギーの場所に塗ったら直る!
プルミーの新ボトルとステロイドからのスイッチ記事
プルミーを実際に購入してみての感想レビューのまとめ


■アトピーとステロイド(プロトピック)記事など

アトピー性皮膚炎にステロイド剤は有効?  ハイドロバブルバスを購入してみました
ステロイド剤を使って大人で悩む事実     赤ちゃんや子供の食事はアトピーと関係ある?
アトピー性皮膚炎の入浴について       子供のアトピーに使っているスキンケア      
華密恋(カミツレン)を今年の冬も購入しました♪


■電子不可治療で皮膚免疫トレーニングをする

電子付加治療薬で唯一のES-27クリーム口コミ
メトセラATP ES-27クリーム口コミと効果
電子付加治療のES-27クリームを使ってみました。

じめじめした日々がこれからやってきます。とても苦痛となるため憂鬱です。

梅雨から夏にかけて汗をかいてしまうから肌に悪くアトピー持ちは大変ですよね。冬は乾燥で肌荒れだし、夏はかゆくなるからかきむしったりします。寝ている間に掻いたりするから辛いですよね。

今月末には梅雨入りが確実視されているため何か楽しみを見つけないといけません。家族で出かけるにもショッピングモールも人で多いからあまり行きたくないですね。お金使うだけだしね。

子供がいるから映画に何度もつれていくわけにもいかないので結局おとなしくしているパターンでしょう。DVDでアニメ系を借りてくるのが週末の日課かもですね。
肌荒れの季節がやってきました。皆さんはどんなことに気を付けていますか?私は温泉に通っているので肌荒れが改善しています。

もともと、アトピーがそれほどひどくなかったので冬だけ保湿を念入りにしていましたが、温泉に通うようになりなんだかいい感じです。ストレスからも肌荒れにつながるので気を付けたい時期です。

ハイドロバブルバスもかなりいいんだけど、やはり温泉はいいですね~

アトピーが酷いと温泉も楽しめませんけど、これからの時期は楽しい時間を温泉で過ごせそうです。
台風が過ぎ去りました。
今年はもう台風が来ないと思いますが、毎年いやになります。


そして台風が過ぎると寒くなりますよね。


毛布をしばらく前から出していますが、それだけでは寒いので敷布団も毛布にしました。
してくれたのは奥さんですが、結婚をして20年たちますが同じ布団に寝ています。
寝るタイミングは違いますけどね~


奥さんは仕事をしているため起きる時間も早いですが、寝る時間も早いです。
今だったら奥さんのために家を建てたときに床暖房もありだと思いますが、築14年くらいたつので寒いんですよね。
今年もきっと寒いと思うので暖かくして頑張ります。


どこの家庭も奥さんって仕事が多いですよね。お疲れ様です。
柔軟剤が肌に悪影響を及ぼす事があるそうです。
ニュースや新聞で見たことがありますが、アレルギー反応が起きる場合が
あるそうです。


人それぞれだとは思いますが、アレルギー反応を起こす対象が多い世の中です。


私は猫が100%駄目です。
それと麦などが駄目なので大変です。
もちろんカニやエビなどの効果類もです。


柔軟剤は問題がありませんが、卵などに反応が無いのでこれ幸いです。
麦はある程度大丈夫ですが、度を越えると駄目です。
体調が悪い時にパンを食べら何度か病院送りになったことがあります。


最近の人は弱いですね。
アトピーがみかんで治ると祖母が言っていたんですが、肌あれがよくなり
スベスベ肌になるという事だと思います。
祖母がアトピー性皮膚炎を知っているとも思えない年齢なんですが、何かしら
効果があるのかもしれません。


インターネット検索ではみかんがアトピー性皮膚炎に一定の効果があると書かれて
いる方もいますので、まんざら嘘ではなさそうです。


みかんでアトピーが治る


という事で、祖母からみかんが届きました。
しかもめっちゃ美味しいので毎日食べています。


アトピーの状況は変化ありませんが、美味しく頂けている事でストレスが軽減する
気がします。前向きな私ですが、子供も同じように楽しんでいるのでいいのでは?
おばあちゃんのおかげです(笑)


冬休みになり子供が毎日家にいるのが少し苦痛ですが、仕方ないです。
その割に私は仕事があるので、辛いですw
いま時期は毎年そうなんですが、明日と明後日は親戚周りで使い物にならない
でしょうね。今年もなんとか無事過ごす事ができ、すべての事に感謝します。


乳児湿疹と乳児アトピー性皮膚炎は同じお薬を小児科で出すと思います。

我が家でも乳幼児の頃にアトピーが酷くステロイドを処方され大分使いました。
今考えるとぞっとしますが、現在のところ過剰に反応するような事も無く
肌が綺麗です。もう小学生になります (^-^)/


アトピー性皮膚炎に悩んだ6年間


子供が小さいころは自己免疫が低いので乳児湿疹などは出やすいです。
また顔全体に発症したり体全体に出たりします。
さらにお医者さんでも乳児アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などの皮膚炎
の区別が難しいのが現実のようです。


我が家もでしたがほとんどのお子さんは大きくなるにつれ、湿疹や皮膚炎は
治ります。ただ治らないお子さんもいます。
長年ステロイド剤を使っているとステロイドの使用を止めた途端、激しく
湿疹や皮膚炎が広がるので気を付けないといけません(一部の方)


私は医者ではないのでどうしたらいいのかは解りませんが、私を含めて
子供に使われているお薬を一度検索してみると良いと考えています。
薬品会社のホームページで確認すると良いと思います♪


会員無料のあとぴナビ(ホームページ)などの登録をすると
皆さんがどんなことで悩まれているのか?
またどんなケアをしているのかが解るので登録をして眺めるだけでも
かなり知識として蓄積されると思います。
もうお医者さんが正しいとは言えない時代になっていると思います。


私達も勉強をしないといけない時代です。
いいかげんな方が多いとは言いませんが結局お医者さんも自己利益に
走る方が多い気がします。経理の仕事をしてると思うのよね~


入浴剤でお勧めなのは「カミツレン」です。
乾燥肌でお悩みの方必見→薬用入浴剤『華密恋』
華蜜恋

※送料無料で今だけ割引お試しが行われています♪(石鹸もついてくる)




アトピー性皮膚炎の原因がしばらく前に黄色ブドウ球菌の毒素
が原因と新聞でも出ていました。
しかしもう大分前から同じ事が言われており今更って感じです。


アトピー性皮膚炎の原因は2種類ある
※あとぴナビ公式より


ネイチャー誌の論文でも使われていたようですが、解りやすくあとぴナビ
で掲載されていたので画像を載せておきます。


皮膚の炎症が起こる可能性があるルートは上記の2ルートだそうです。
そしてこの2つが重なった状態が炎症になると書かれています。
どっちか片一方では無いのかな?


結論的に書いてあることをまとめると、皮膚に黄色ブドウ球菌が皮膚について
それが知らないうちに炎症に変わるので皮膚に黄色ブドウ球菌を付けない
ようにしましょうという文章です。


そして皮膚の洗いすぎにも注意だそうですが、バリア機能が低下していると
なりやすいですよね。
考え方はお化粧品と同じでバリア機能が弱っていると敏感肌になるって事だと
思います。妻がバリア機能が・・・とか言ってます。
年のせいもあると思うんですけど(笑)





季節的な要因もありアトピー性皮膚炎を発症する方が増えてきているので、
皆さんもご自愛ください。 結局は保湿剤を使って過す日々になってます(汗)
家族で使えるので助かります♪ 
 
⇒ 赤ちゃんにも使える安心のプルミーミルキーローション



アトピー性皮膚炎の原因は肌のバリア機能低下と言われています。
その結果IgEの数値が増えてしまうそうです。


アトピー性皮膚炎と汗


【肌バリア機能を低下させる主な原因】

表皮育成因子の不足
掻き壊しり
皮膚における免疫機能の低下
バリア機能を形成する因子の不足
健全な皮膚細胞の形成を阻害



バリア機能が低下し皮膚の上では細菌が湧いて、黄色ブドウ球菌やボービス菌
が増えていきます。増加しすぎるとアトピー肌になります。
同時にアレルギーを発症する方も多いそうなので気を付けましょう。





季節的な要因もありアトピー性皮膚炎を発症する方が増えてきているので、
皆さんもご自愛ください。 結局は保湿剤を使って過す日々になってます(汗)
家族で使えるので助かります♪ 
 
⇒ 赤ちゃんにも使える安心のプルミーミルキーローション



垢でアトピーが悪化すると書かれています。
垢は皮膚上の死亡細胞なので、アバクテリアが関係してくると思います。
考えてみれば当たり前の事ですが、アレルギーにも関係があるでしょう。


アトピー悪化 垢


IgE数値が関係してきますが、この辺りは難しいところです。
詳しい事はあとぴナビを見てほしいと思いますが、眺めていると大変興味深い
内容もあります。


全ての文章や内容を見るのは会員にならないといけませんが、登録無しでも見る
事が出来る内容もあります。
何かの参考になるかもしれません♪
メール登録だけで全文が見れるので無料会員になるとさらによいでしょう~


幼児期の子供はお布団に入り2時間~3時間おきに痒みで起きる事が
あります。


寝ている時のアトピー
http://medical.i-illust.com/


アトピー性皮膚炎の方へのアンケートでは布団に入ってから痒みに襲われると
いう方が多く悩みの種でもあります。
布団に入ると体温が上昇し、その体温上昇を抑えるために発汗し皮膚に刺激が
あるとされています。多汗により炎症が起きるということです。


身体の中では交感神経から副交感神経へ切り替わるとされており、この辺りも
かゆみと関係があるとされています。
一晩でノンレム睡眠は4回程度あるとされており、眠りの浅い時に痒みを感じ
掻き毟りなどが起こるとされています。


対処法としては汗を拭きとる事などが上げられますが、寝てしばらくはお布団
などで調整するしかないようです。





季節的な要因もありアトピー性皮膚炎を発症する方が増えてきているので、
皆さんもご自愛ください。 結局は保湿剤を使って過す日々になってます(汗)
家族で使えるので助かります♪ 
 
⇒ 赤ちゃんにも使える安心のプルミーミルキーローション




黄色ブドウ球菌が増えるメカニズムが解ればアトピー性皮膚炎の解決に
大いに役立つそうです。


黄色ブドウ球菌とアトピー性皮膚炎


人間の体には数多くの細菌が共存しているそうですが、普段は何も影響は
起きないそうです。
しかしそのバランスが崩れ始めると、アトピー性皮膚炎のような病気を発病
する事が解っています。


アトピーで言うならば黄色ブドウ球菌が爆発的に増えることが原因とされています。
ただ、その原因が解っておらずその解明が急がれています。
既に40年以上前から黄色ブドウ球菌が原因だと解っていたそうで、昨今のアトピー
ニュースで発表されていた記事は過去転載に近いのかも?


メカニズムが解らない原因として動物実験が行われなかったことが原因だそうで、
動物にアトピーを作るのが難しいとか。
なるほど・・・
という事は人間にもそもそもアトピーは無かったのでは?と推測できます。
まさに現代病です。


先日のニュースではマウス実験でアトピー性皮膚炎の成功とニュースを見ました
ので今後は解明が急がれるはずです。
とは言え、もう40年も前から解っていたので厳しいかも?
と期待半分です。





季節的な要因もありアトピー性皮膚炎を発症する方が増えてきているので、
皆さんもご自愛ください。 結局は保湿剤を使って過す日々になってます(汗)
家族で使えるので助かります♪ 
 
⇒ 赤ちゃんにも使える安心のプルミーミルキーローション


自律神経失調症の話がこの時期はよく出ます。
小さなお子さんから、社会人の方まで幅広く自律神経失調症にあてはまるため
注意が必要です。


子供の不安「


交感神経と副交感神経の2つから自律神経は出来ており、このバランスが崩れる
と体に様々な悪影響が出ます。
自分の解らないところで、神経に悪影響も与えてしまいますし、内臓にも負担が
かかるとされています。
実は私も昨日運転中に胃痛に襲われてしまい、妻に運転を替わってもらう騒動が
ありました。自分でもビックリです。
今は色々と仕事的に一息ついた段階なので、気持ちが途切れたのかもしれません。


これも自律神経失調症の延長にあるのかもしれません。
お子さんやご家族にも、環境が変わりストレスなどを知らず知らずに抱えている
場合があるかもしれませんので、ご注意くださいませ。
その時は突然来るものなのです。
そしていま時期は季節の変わり目という事もありやや警戒した方が良いのかも
しれません。


内科系の症状の他にも、パニック障害やうつ病、身体表現性障害などがあるようです。
この場合は精神科などでカウンセリングを受けることもお勧め致します。